OPEN

圧着ハガキを利用することのメリットについて

郵便ポスト

圧着ハガキとは、郵送されて手元に届くときには通常の官製はがきと同じサイズですが、表面をめくることにより2倍~3倍の大きさにすることのできるはがきです。これは専用のニスを紙面に塗布して貼り付けておくことによって、再度剥がすことができる程度に紙と紙を貼り付けることで実現されています。作成は専門業者に依頼することもでき、普通に郵送されている間に紙面が剥がれてしまうようなことはありません。圧着ハガキのメリットとしては、圧着された内部の情報が保護されるほかにも、紙面の面積が大きくなることによって広告的にインパクトの強い表現をしたり、1枚のはがきにより多くの情報量を入れ込むことができるという点です。また、届いた郵送物が圧着ハガキだった場合、とりあえず中を開いてみないといけないという心理が働くので、自然とはがきを注視する時間が増えるという効果も期待することができます。また、開く前であれば普通のはがきと同じサイズというところに一番のメリットが潜んでいるのです。サイズが全く同じということはつまり、郵送にかかる費用も一般の官製はがきと変わらないということです。郵送にかかる費用は官製はがきと同じでありながらも、より多くの情報を届けることができる点に大きなメリットがあります。

ダイレクトメールの発送ならメリットいっぱいの圧着ハガキにしよう

ダイレクトメールはレスポンス率の高い広告郵便として、その利用が有効です。お得意様となっている顧客や見込み客に直接アプローチすることが可能で、特別なプロモーションのお知らせなどに大変有効な手段です。しかし封書でのダイレクトメールは、郵送料や印刷物の準備で費用が嵩みがちです。さらに課題となるのは、中を開けてもらえるかどうかです。これはダイレクトメールの最大の課題と言えるかもしれません。
これらの課題をクリアできる新しい広告郵便として、圧着ハガキがあります。ハガキサイズで封書のダイレクトメールと同等の情報を発送できる、大変優れた広告郵便です。ハガキレベルの発送料で済むため、経費削減に役立ちます。また封書とチラシなどを準備することを考えると、その制作費用も押さえられるでしょう。同等の情報量を掲載できる秘密は、折りを利用してたくさんの情報を印刷できることにあります。
二つ折りや三つ折りにして圧着して発送しますから、ハガキサイズで送ることが可能です。また圧着ハガキはめくって剥がす型式になるため、気になって中を確かめたくなる人も多く、結果的に開封率アップというメリットもあります。この圧着ハガキの作成は専門業者に依頼すれば短期間での制作が可能であるため、急ぎの場合も間に合わせられるでしょう。

圧着ハガキなら印刷面が2倍や3倍だから写真も盛り込める

新商品の案内に封筒でA4サイズの紙を1枚封入するのにコストの高さを感じていませんか?封筒での発送はハガキに比べ割高である一方、裏面にしか印刷できない官製ハガキでは情報量が少なくなります。そこで、圧着ハガキを新商品の案内に採用し、作成は専門業者に依頼してみましょう。
圧着ハガキなら官製ハガキの2倍や3倍の情報量を盛り込めます。文字だけの情報だけでなく、写真など印刷できるためより詳しい情報を受取人に伝えることができます。さらに圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することで、印刷から発送までにかかるコストを削減することができます。専門業者で圧着ハガキを製作するコストはかかるものの、広告郵便としての承認、各種割引の適用により郵送料金が安くなります。封筒での発送に比べて、情報量を増やせるだけでなく、郵送料金も削減できるため、広告宣伝費の見直しができます。
情報量が増えることにより、活用次第ではキャンペーンやスポット広告といった活用も可能です。情報量が増えた場合でも、印刷から発送まで対応している専門業者を利用することで、社内で発送に人件費をかけることもなくなります。また、専門業者では圧着ハガキとする際にテンプレートも準備されている上、広告郵便の認可を受ける際のサポートも充実しています。

圧着ハガキの好奇心を刺激する効果で開封率をアップしよう

ダイレクトメールを何度も発送しているものの、広告宣伝効果があまり得られていないと感じているのであれば、圧着ハガキに切り替えるのがおすすめです。ダイレクトメールは、送り主や裏面でわかるものの、両面印刷だけでは情報量が少なくなります。さらに開封率も低く、そのまま廃棄されてしまうこともあります。しかし、圧着ハガキなら好奇心を刺激し、つい剥離したくなるという心理が働き、開封率がアップします。…

More Details

アンケートや申し込みにも使える圧着ハガキを導入しよう

アンケートや申し込み用紙などをダイレクトメールではなく、封筒かつ普通郵便で発送していませんか?この場合、印刷から封筒詰め、発送まで人件費だけでなく郵送コストもかかります。しかし、圧着ハガキならこれらのコスト問題を解決でき、作成は専門業者に依頼することで作業を全て任せることができます。ですが、ダイレクトメールでアンケートや申し込みは、個人情報の保護の問題から利用できないと考えていませんか?…

More Details

移転案内や新規開店の通知や広告宣伝に圧着ハガキを利用しよう

事業活動を行う上で、移転案内や新規開店の案内を取引先や利用者に伝えるということは必要不可欠です。最近では、インターネットを利用しメールやSNSで情報発信はできるものの、企業向けの連絡には向かず、消費者の中には通知自体拒否していることもあります。そこで、圧着ハガキを利用するのがおすすめです。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができ、印刷から発送まで対応してくれます。取引先に移転案…

More Details

圧着ハガキのみの製作にも対応してくれるから自由に発送可能

圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができるだけでなく、印刷から宛名の印刷、仕訳から投函まで丸々代行を依頼することができます。しかし、圧着ハガキだけの製作を依頼し、必要に応じて印刷から圧着そして投函まで自前で対応したいというニーズには対応できないと考えていませんか?ですが、専門業者では圧着ハガキの製作だけを依頼することも可能です。圧着ハガキに自前で通知情報や、請求情報を複合機やプ…

More Details

Article List

TOP